ホームページ・WEBサイト・WEBページの違いについて。

シンプル に大切なことを 分りやすく 伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

よく尋ねられることを今日は話してみたいと思います。

「ホームページ」と「WEBサイト」って良く言うじゃないですか?これらって、どの様な違いがあるのですか?っと。

お分かりになられますか?

なんとな~くこれまで使っていた言葉ですが、実際に「何が違うの?」と聞かれると、「ん~なんだろう?」となりますよね^^;
なので今日は、この2つの違いについて簡単に話してみたいと思います。

そもそもホームページはホームページではない!!

はっ!?

っとなりますよね^^;そうなんです。ホームページはホームページ全体を指す言葉では無いんです。

僕たちがホームページと聞くと、こんな感じで

構成されているモノ全体を想像しますよね。

でもこれはちょっと違うんですよ^^

ホームページというのは、僕らが想像しているホームページ全体のトップページのみを指します。

そして僕たちがいつも想像しているホームページはホームページではなくWEBサイトと言います。

えぇっっぇ!!!そうだったの!?

っとお思いになる気持ちは良く分かりますが、実際はそうなんです^^;

ではなぜ、僕ら日本人には間違った認識が広まったのでしょうか?

なぜ僕ら日本人はWEBサイトをホームページとして認識してしまったのか

この原因は、この2つではないか?と言われています。

1つ目、WEBサイトが日本に普及し始めた頃(1990年代後半)、ホームページビルダーというWEBサイトを作るためのソフトが主流だったため。

2つ目、1990年代のWEBサイトには、各社、トップページへ「ようこそ私のホームページへ」と掲載していたため、「ホームページとは全体の事を指すんだ」と、誤って認識してしまった。

これからはホームページと言わず、WEBサイトと言うべき?

「これからは、ホームページとは全体(WEBサイト)のことではなく、トップページのこと」と認識を改め、使い方を変えなければならないのか?

についてですか、ぜーんぜん問題なく、これまで通りホームページと使ってもらって問題ないと思います。むしろ日本では、WEBサイトと言うと、人に混乱をあたえるかもしれません(^^)

言葉なんて所詮、意思疎通のツールなので、皆が認識している言葉に合わせて話せば良いだけです。

でも、

海外の人には、WEBサイト、ホームページはしっかり使い分けて話してくださいね。

まとめ

ホームページとは、WEBサイト全体のトップページを指します。

WEBサイトは、WEBサイト全体を指します。

因みに、WEBページは、トップページ以外の単体ページ1つを指します。

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています