オンラインショップ・ネットショップ・ECサイト これらの違いは?またオススメはどれ?

こんにちは やす です。

もう今では当たり前のように、インターネット上で自分のお店を出すことができるようになりましたね。

しかも費用もかけず、あっという間に開設することができるようになりました^^

便利になりましたね~

そんなオンラインショップが当たり前に開設できる今、ネットショップ、WEBショップ、オンラインショップ、ECサイトなどなど、様々な、そして似たワードをよく耳にようになりました。

これらはどんな違いがあるのでしょう?

そして、もし自分がオンラインショップを開設するときは、どのワードを利用すれば良いのでしょう?

○○○オンラインショップ? それとも○○○ネットショップ?

そんな疑問を、今日は答えていきたいと思います^^

オンラインショップ・ネットショップ・ECサイトの違い。そしてオススメワード!

まず結論からいきます!

ネットショップ、オンラインショップ、ECサイト、WEBショップ、WEBストア、これらは、

すべて同じ意味を指します。

なので、どのワードを使っていただいても全く問題ありません。

では、どのワードを使うのがベストなのでしょうか?

できることなら、オンラインショップオーナーにとって、これらの中で1つ「このワードを使ったほうが良いですよ!」と言ってもらった方が助かりますよね^^

なので僕なりの考え方で、僕なりのオススメワードをお伝えさせていただきます。

オススメは「オンラインショップ」というワードです。

なぜかと申しますと、、、

比較的オンラインショップの方がユーザーに認知されいる

おなじ意味を持つワードの中から、どれか一つを選ぶとすれば、できる限りユーザーが知っている言葉を使いたいですよね。

なので僕なりに、グーグルを使って調べてみました。

まず、今現在の”検索急上昇ワード”を「Googleトレンド」を使って調べてみます。すると「オンラインショップ」というワードが断トツで人気ありました。(人気があるということは、それだけワードを周知されているということです(^^))


Googleトレンド比較結果)

次に、実際それぞれのワード(オンラインショップ・ネットショップ・ECサイト)をGoogle検索してみました。

オンラインショップ

Google検索:オンラインショップ

各携帯大手のホームページがたくさんあり、顧客向けて発信されているホームページが検索上部に目立っているように感じます。

ネットショップ

Google検索:ネットショップ

ネットショップ開設について解説してあるホームページがたくさんあり、開設者向けに書かれたホームページが検索上部に目立っているように感じます。

ECサイト

Google検索:ECサイト

「ECサイト」のワードについて解説されているホームページがたくさんあり、ワード検索者向けに書かれたホームページが検索上部に目立っているように感じます。

その他のワード(WEBショップWEBストア)も似たように、開設する人向けやシステム開発者向けのホームページが検索上部に掲載されていました。

この結果から分かることは、

ユーザー(顧客)を意識して作成しているホームページは、「オンラインショップ」という文言をよく利用しているということが分かります。(それだけ周知されている証拠なのでしょうね^^)

開設するときは、オンラインショップ名を決めるのに、ちょっと悩んでしまうかもしれませんが、そんなときは参考にしてみてください^^

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています