ビットコインに使用されているブロックチェーンってこんなもの

シンプル に大切なことを 分りやすく 伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

最近ちまたで良く聞くビットコイン!

最近も分裂しただの何なのって、ニュースや新聞で、その話題が飛び交っていましたよね。

さて今日は、そんなビットコインの仕組みについて、ちょっとだけ話してみたいと思います。

ビットコインのニュースや記事を見ていて、ブロックチェーンという文言が良く出てきませんか?

よくブロックチェーンって出てはくるけど、なんじゃそりゃ?

って思いませんか?

なので今日は、ちょっとそのブロックチェーンについて簡単に解説してみたいと思います。

ブロックチェーンってですね、1つの管理システムのことを言います。

その管理システムが、今回話題のビットコインで使用されているんですが、どんな管理システムか?と、一言で簡単に言うと、

人のモノ(データ&仮想通貨の残高)を皆で管理しようよ! というもの。

言ってみればこんな感じで、

カフェ等に自分のモノを置いて、トイレに行っても、誰も取ったりしませんよね。(うん、これは日本だからというのもあるけれど・・・(笑))

もし、もしですよ。

あなたがスリ(泥棒)だったとします。そしてこんな光景を目にしたとき「この置かれたモノを取ってやろう!」と思った時・・・

あなたは取ることできますか?

僕だったら多分取ることが出来ないと思うんです。

だって、周りに色んな人がいて、「周りの人が見ているかも! もしかしたらバレるかも!」 って思ってしまうからです。

(もちろん、そんなこと絶対あってはならない事ですよ^^;)

こんな感じで、ブロックチェーンって、人の財産(データ)を皆で管理しあっているんです。だから、自分の財産やデータ(自分のバックの中身)が改ざん(取られる)ことはほぼありません。

でも、これまでのシステムは、第三者が一括で管理していました。
例えば、クレジットカードなど、カード会社が全てのデータを1箇所で管理していました。

だからもし。その会社がハッキングされたり、内部の人が改ざんしてしまったら、僕らの持ち物は誰にも認めてもらえず帰ってこない可能性があったりします(今は、相当厳重に管理されているので、そんなにリスクもないとは思いますが)

もし、ビットコインのような仮想通貨の取引(現物(お金の形)が無く、データ上でのやり取り)が、ハッキングされたら、改ざんされたら、

大変なことになりますよ^^;

だから今回話したように、皆(しっかりとした機関)で個々のデータを管理しよう! というのが、今回ビットコインで利用されているブロックチェーンというシステムなんです。

もっともっと複雑な話ではあるんですが、超簡単にいうとこんな感じです!(っと私は認識していますが、もしかしたら、もっともっと複雑なんだと思います(笑))

ではでは~^^

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
もっともっとシンプルに分りやすく伝わるようにガンバります^^

今日も最後まで楽しみましょうね♪

僕(やす)はこんな人(facebook)です。

僕(やす)はこんなモノ(和を感じる)(自然)を撮影するのが好きです。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡でアフィリエイト事業を立ち上げ、その後はWEBサイト/ワードプレス制作をおこなってきました。現在ではSNSやブログを組み合わせながら集客に結びつくよう、お客さまの情報媒体を管理させてもらっています。

各デバイス(スマホ、タブレット)にも対応したホームページが月々1,000円(税別)お使いいただけます。また更新(編集・追加)も画面を見ながら簡単におこなえるので、費用もかからず手軽におこなえます。

月々1,000円で利用できる格安ホームページ制作