著作権に引っかからない文章の「引用」の正しいやり方

圧倒的にシンプルに大切なことを伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

今日も天気が良くって、気温もちょうど良くって、気持ちが良い一日ですね~♪

もうゴールデンウィーク連休に入っている人も沢山いると思いますが、今年は天候にも恵まれて良い連休になりそうですね^^


(先日ドライブ行った時も気持ち良かった~♪)

さてさて、

話は変って、先日お客さんから尋ねられたことについてです。

その内容は、他サイト(他ホームページ)から文章をそのまま自分のブログに掲載する時(引用する時)のルールについてです。

引用は、ちゃんとしたやり方さえ守れば、著作にも引っかからず問題なく利用することができます。
たま~にありますよね、「○○の記事のこの部分、私大好きなんです!」という時とか、補足でウィキペディアの説明を掲載するときなど。

そんな時のために、著作に引っかからず、問題無く利用するために、今日は引用のやり方について説明しますね^^

引用のやり方

ポイントとしては、

●どこからどこまでが、引用した文であるのかを明確にすること。
●どのサイトから引用したモノか分かるようにリンクを貼ること。

そして、

●絶対(一語一句)引用を指定した部分の文言は変更しないこと。
●2つ目は、引用した文章だけでブログ記事を終わりにしないこと。
目安としては、オリジナル文:引用文 = 8:2 or 7:3くらいにする。

例えばこんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用(いんよう、英語:citation, quotation[1])とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載[2]のこと。

引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。

本項では著作権法で認められる引用(狭義の引用)について記述する。

引用先は、ウィキペディアより(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(引用用にカッコが用意されていたら、それを利用してもかまいません。)
こんなモノ↓↓↓↓↓↓

以上です!

やってみてくださーい♪

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
もっともっとシンプルに分りやすく伝わるようガンバります^^

今日も最後まで楽しみましょうね♪

やすのホームページはコチラです。

やすのfacebookはコチラです。

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています