僕の愛用品「kindle(キンドル)」の紹介!

シンプル に大切なことを 分りやすく 伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

今日は先日尋ねられた、今僕が使っているアマゾンの「kindle(キンドル)」の使い勝手について、簡単に話してみたいと思います♪

今僕、キンドルは外出するときであれば、ほぼ持ち歩いています。

ほんとうにこの商品は持ち運びに優れていて、何処ででも読むことができます^^

例えば、立ってバスや電車を待っている時でも(笑)

(もちろん座ってもですが(笑))

っで、どれくらいこの商品が持ち運びに優れているかというと、まず画面のサイズが手のひらサイズくらい

そして薄さは、鉛筆より細いくらい

だから、こんな感じで小っちゃなバックにも、簡単に入ってしまいます♪

そして、電子書籍の特徴として、バックモニターが付いているから、屋外のように明るい場所でも、屋内の薄暗い場所でも、どちらでも読むことができ、さらに、こんな感じで、文字が小さいフォントから

大きいフォントにまで

変更することが出来るので、小さい字が見えにくい人にとっても、全く問題なく読めますよ^^

じゃ~この商品を選ぶ時、どんな風に選べば良いのか?というと

kindle(キンドル)には沢山の種類がある

キンドルって一言でいっても、沢山の種類が今でているんです。こんな感じで。


アマゾンHPキンドル

なので、ここからは僕の感覚で話してみますね。

小説を読む用途だけで利用するんだったら、僕的にはこの14,280円の商品で良いかな~って思っています。↓↓↓

https://www.amazon.co.jp/dp/B00QJDQM9U/ref=famstripe_km?th=1

マンガとかタブレットとして利用するんだったら、他の商品が良いとは思うけど^^;

っでこの商品には、またまた2つの種類があります。

その違いは、このキンドルの機械からアマゾンにアクセスして、本を購入するときに使用するインターネット環境をどうやって確保するか?というものです。

①目の商品は、Wi-Fi 機能がついているもの。

②の商品は、Wi-Fi と 無料3Gがついているもの。

この違いは、Wi-Fi環境からアマゾンの本(電子版)を購入するのか。①目の商品

それとも、Wi-Fi環境もしくは3G環境(スマホみたいに屋外で電波がはいるところ)からアマゾンの本(電子版)を購入するのか。②目の商品

僕の感覚としては、最初の「①商品(wi-fiのみ)」のモノで良いのかな~っていう風に思っています。

なぜかというと、wi-fi環境にいればそのまま本を買うことが出来るし、屋外でwi-fi環境がなくても、スマホを利用してテザリングで購入できるからです。(テザリングとは

っで、上記に掲載しているキンドルの商品で、一番安い商品(8,980円)は気をつけておいてください。バックモニターが付いていないので、周りの環境が明るいところでないとみることができません^^;

あ、それと、電池のもちについてですが、超長持ちです!
一度充電すると仕様上では「明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用」の状態で、数週間もつようです( ̄ω ̄;)ってアバウトだな・・・(笑)

まとめ

キンドルは持ち運びに優れていすごく便利です!

キンドルは沢山の種類があります。

アマゾンHPキンドル

その中で、小説を読むだけの用途で購入するんだったら「Kindle Paperwhite」で十分です。
あとは、wi-fi 機能が付いてる商品を選ぶのか、もしくはwi-fi機能と3G機能の両方が付いている商品を選ぶのかを、上記の説明書を確認しながら考えてみてくださいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
もっともっとシンプルに分りやすく伝わるようにガンバります^^

今日も最後まで楽しみましょうね♪

僕(やす)はこんな人(facebook)です。

僕(やす)はこんなモノ(和を感じる)(自然)を撮影するのが好きです。

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする