タイトルや見出しにはスペックではなく「ユーザーにとっての価値」を掲載しよう!

こんにちは やす です。

「自分のお店の特徴」をホームページやパンフレットなどで掲載するときは、ユーザーさん(見る人)にとって「価値となるモノ」を分かりやすく表現してみよう。

今日もですね、ある美容室さんの特徴について書いてて思ったことなんですが、こちらのオーナーさんは「メンタルケアカウンセラーを取得している」ことを書きたかったみたいなんですよね。

でもそのまま「メンタルケアカウンセラーを取得しています」なんて書いても、ユーザーさんはまったく何のことか分からないでしょ^^;

なので、ネットで調べてみたんです「メンタルケアカウンセラー」ってどんなことなんだろう?って。

すると、人が言葉にできない心の中の想いを引き出すことができる事だということが分かりました。

だったらこの特徴の部分は、ユーザーさんが「自分の要望を的確に伝えることができなくても、しっかりカウンセリングを通してくみとってくれるんだな」と思ってもらえるように書いてあげた方が価値として伝わりやすくなるんですよね^^

ホームページやパンフレットでお店の特徴を表現するときは、モノではなく、ユーザーさんにとっての価値が明確に分かるようにしてあげましょうね。

これだけで効果が変わってきますよ。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています