グーグル検索で除外したいキーワードがあるときの便利な検索機能

こんにちは やす です。

もうすぐ春がやってきますね。

今日歩いていると、ソメイヨシノの枝から蕾がすこし膨らんでいる姿を見ることができました^^

あと2週間もすれば花見ができるくらい福岡の街も桜で彩られるんでしょうね。すごく楽しみです(^^)

そんな気持ちを、写真をつかってブログに書こうと思った時、「あ、写真撮り忘れてしまった~でも、その時の気持ちをブログに書きたい!」なんて思って、

グーグル検索を使って、無料版(著作なし)の写真を探す時・・・

こんなことありませんか?

無料版で探しているのに、有料版も検索にひっかかってくるとき(こんな感じ↓…)

こんな時は、グーグルの検索機能をうまく使ってあげれば解決できるんですよ。

省きたいキーワード前にマイナス(-)をつけて検索

検索結果から省きたいホームページがある場合の解決策としては、

省きたいホームページとなるキーワード前に

(マイナス)

をつけてあげれば問題解決できるんですよ。こんな感じです。

このようにマイナス(-)をつけて検索をすると、先程まで出てきてたホームページが消えて無くなりましたよね^^

他にも人を検索するときにも便利?

僕のお客さまでもある、兵庫県宍粟市を拠点として注文住宅を請け負っているに工務店さんの松本社長

まつじゅん社長さんのブログです。最近の記事は「この前のオープンハウスの中の様子っすよ〰‼️(画像あり)」です。

すごくユーモアがあって親しみやすい社長さんなんですけれども、こちらの社長のニックネームがこれまた親しみやすく「まつじゅん社長」といいます。

っで、もし、もしもですよ「まつじゅん・・・」なんだったけ?っとなった場合、「まつじゅん」というキーワードでグーグル検索をしますよね。すると、

当たり前ですがこちらの超有名人が検索にガンガンひっかかってくるんですよね^^;

なのでこんな時は、このままの検索キーワードに

先程の  (マイナス)

を使用して、このように入れてみます。

そう。同じ「まつじゅん」ではあるんですが、芸能人というキーワードと、嵐というキーワードを省きます。

すると。。。

あの超有名なあの方はあまり表示されず、「まつじゅん社長」が1ページ目にしっかりと検索にひっかかってくるんですよね^^

どうでしたか~こんな検索方法も便利でしょ^^

もし、グーグル検索をして、「あー検索結果にじゃまだー」っと思った時は利用してみてくださいね(^^) ではでは。

僕はWEBサイト(ホームページ)を制作しています。

僕(やす)はこんな人(Facebook)です。

その他、美容室向けに集客ブログ(美容室のネット集客に特化 / 美容室ビズ)も書いています。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています