キュレーションとは?情報が爆発的に増えたからこそ価値となったキュレーション!

こんにちは やす です。

スマホが普及し始めて、インターネット上の情報が爆発的ふえてきたころ(8年ほど前)から使われるようになった「キュレーション」という用語。

聞くと何となくわかるけど、はっきりと「こんなもんだよ!」とはなかなか言えない、むず痒いこちらのデジタル用語なんですけれども、今日はそんな「キュレーション」について話していきたいと思います。

キュレーションとは

キュレーションとは、一言でいうと編集することをいいます。

もともとは博物館などにある展示物を、展示テーマに合わせて収集し、来館者が分かりやすいように整理する人(キュレーター)からきていて、

インターネット上にある情報を収集し、まとめることをキュレーションといいます。

キュレーションサイトには

代表的なキュレーションサイトには、

Twitterのつぶやきをまとめる「Togetter」↓

いま話題のツイートまとめが読めるTwitterまとめに特化したまとめサイト。人気のツイートやTwitterトレンド、写真やマンガといった話題の画像から、さまざまなニュースの反応まで、みんなであつめる国内最大級のメディアプラットフォームです。

おまとめサイトでお馴染みの「NAVERまとめ」↓

NAVERまとめ サービス終了のお知らせ

ビジネス、テクノロジーに特化したまとめサイト「Newspicks」↓

「経済を、もっとおもしろく。」ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。国内外の最先端の経済ニュースを厳選。専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる。

独自のアルゴリズムで解析されたweb上のニュース収集サイト「グノシー」↓

雑談力がつくニュースアプリ

などがあります。

キュレーションアプリには

代表的なキュレーションアプリには、

あまり回線状況に左右されないニュース収集アプリ「SmartNews」↓

スマートニュース

スマートニュース
posted withアプリーチ

ビジネス、テクノロジーに特化したまとめサイト「Newspicks」↓

NewsPicks(ニューズピックス)

NewsPicks(ニューズピックス)
posted withアプリーチ

SNSからニュースまで興味があるモノを一箇所にまとめることができる「Flipboard」

Flipboard

Flipboard
posted withアプリーチ

などがあります。

今では細かいニーズに合わせたキュレーションサイト(アプリ)があるので、使い方も人それぞれだとは思いますけれども、僕は「SmartNews」や「グノシー」などのキュレーションサイトでざっくり情報収集し、気になった記事があると、「Newspicks」などの人の意見が書かれているサイトで、さらに多角的に一つの情報を見るようにしています。

その他、「ついっトレンド」のような、

今、話題になっている各地域のTwitter(ツイッター)のトレンドワードをランキングでまとめています。ついっトレンドで、今、話題の各地域のTwitter(ツイッター)のトレンドワードを確認することができます。Twittrendでチェックできる地域は、 日本、東京、札幌、仙台、新潟、千葉、埼玉、横浜、相模原、川崎、浜松、...

トレンド情報がリアルタイムで上がってくるサイトなども便利で、この中から気になったワードを調べたりしながら情報集めをしていますよ。

キュレーションサイト(アプリ)も自分にあった使い方を見つけると、すごく便利ですよ~(^^)

僕はWEBサイト(ホームページ)を制作しています。

僕(やす)はこんな人(Facebook)です。

その他、美容室向けに集客ブログ(美容室のネット集客に特化 / 美容室ビズ)も書いています。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡でアフィリエイト事業を立ち上げ、その後はWEBサイト/ワードプレス制作をおこなってきました。現在ではSNSやブログを組み合わせながら集客に結びつくよう、お客さまの情報媒体を管理させてもらっています。

各デバイス(スマホ、タブレット)にも対応したホームページが月々1,000円(税別)お使いいただけます。また更新(編集・追加)も画面を見ながら簡単におこなえるので、費用もかからず手軽におこなえます。

月々1,000円で利用できる格安ホームページ制作