ホームページ内にブログシステムをいれると本当に強くなるの?

最近、「自分のホームページにブログを埋め込むと効果的なの?(CMS設置)」と尋ねられることがあります。

たしかにやり方によっては効果的なのですが、でも落とし穴もあるのも事実。なので「諸刃の剣」ですね~っといつもお伝えしています。

今日は、そんなホームページに埋め込むブログ(CMS)について、詳しく話していきたいと思います^^

そもそもCMSとは何?

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、専門的な知識がなくても、お客さんご自身でホームページを自由に更新をしたり、ページを追加したりできますよ〜。というシステムです。

(このCMSには、ホームページに埋め込むブログも含まれています。)

CMSは効果的なのか?

冒頭でもお伝えしたように、ホームページへ埋め込むブログ(CMS)は、

やり方を間違わなければ、SEO的にはプラスに働きます(ホームページが強くなります)。しかし、やり方を間違えばSEO的にマイナスに働きます(ホームページが弱くなります)。

(SEOとは、google や yahoo で上位表示させるためにサイトを適正化する作業のこと。詳しくは「SEOとは?その対策とは?デジタル初心者のために解説!」を見てくださいね^^)

ホームページを強くするためのブログの書き方とは

ホームページを強くするためには、ブログ記事を増やし、そのホームページ全体のボリュームを増やしていくという方法があります。しかし、この方法にも注意することがあって、

どんな記事でも(プライベート・遊びなど)書き足していけば良いというものではない。

ということなんです。

例えばあなたが書店に行き、「料理本がほしいな~」と思い、料理コーナーへ行くと、ファッション雑誌、筋トレの本、釣りの本がたくさん並んでいたらどう思いますか?

おそらく、料理の作り方を知りたくて、ここを探しているのに、なんだよ!!!ここぜんぜん料理コーナじゃないじゃん(メ▼▼)

となりませんか?(笑)(ま、そこまではならないかもしれないけど(笑))

それと同じで、Googleも同じように判断します。

ホームページタイトルでは「ホームページ制作」と掲載されているのに、中身を見てみるとプライベートのことばかり掲載されている。そんな状態を見たGoogleは「このサイトは全然ホームページにまつわることを書いてないな。そんなホームページはユーザーにとっても役立たな!」と判断をし、検索上位に表示させないように(ユーザーの目にふれないように)します。

結果、無駄に専門外の記事を増やしたことで、ブログどころか、ホームページ自体も弱くなり、SEO的に不利に働きます。

なので、ホームページ内にブログを埋め込み、ホームページ自体を強くしたい!と思う場合は、書く内容や、書き方を考えながら運用していった方が良いですよ。

Google の 評価基準

グーグルは一つのドメイン(https://www.○○○.com ← ○○○.com の部分)を全部ひっくるめて、一つのホームページとして認識しています。そしてドメイン自体に評価をつけ、評価が高いドメインからたくさん検索にも引っかけ、低いドメインは検索に引っかかりにくくしているんじゃないか。と言われています。

なので、ホームページを強くすることを考えるのであれば、この評価を上げるための構成づくりを考えてみてください。記事内の質(内容とボリューム)、タイトルや見出しのつけ方、自然な被リンク、などのユーザーにとって良質なページ構成です。

Googleからの評価を回避する方法

どうしても、専門記事以外の話も発信したい!

プライベートの話も織り交ぜながら、専門性や自分の人柄も知ってほしい!

そう思ったときの回避策もちょっとお伝えしますね(^^)

記事ジャンルの割合を考える

これはあくまでも僕の感覚になるんですが、だいたいのところ、専門の話(グーグル検索でひっかけたいキーワードに付随する話)を8割、プライベートの話を2割、くらいで書いていくと、グーグルも8割の方を見てくれるので、おそらく問題ないと思います。

それでも割合が崩れる!という場合は、以下の対策を参考にしてみてください(^^)

インデックスから外す

インデックスとは、簡単に言うと、Googleに登録させることを意味します(SEOの中では・・・)

そして、インデックスから外すとは、追加したページやブログ記事を、検索エンジンに登録をしないことを意味します。

では実際にどのようにして行うのか?を説明していきますね。

メタタグを直接追加する

<head></head>(HTML)内に以下のコード入力しておくと、インデックスされなくなります。
<meta name=”robots” content=”noindex”>

ワードプレスのプラグイン機能を利用する

下記2つやり方で設定ができます。

All in One SEO Pack

をインストール後、ワードプレス記事入力画面に表示されている、当チェックボックスチェックを入れ、記事公開をする。

シンプリシティー(テーマ)

をインストール&テーマ設定後、ワードプレス記事入力画面に表示されている、当チェックボックスチェックを入れ、記事公開をする。(テーマ変更をするとブログ体裁が変わるので気をつけてください

まとめ

ホームページ内にブログを埋め込み、記事を増やしていけば、そのホームページはどんどん強くなっていく!という訳ではありません。

このやり方も諸刃の剣で、やり方を間違うと、(SEO的に)強くなるどころが弱くなる可能性があるので、気をつけてくださいね(^^)

「どの関連キーワードで検索上位を狙うのか」を考え、その関連以外にあたるジャンルの記事は極力控えること(全体の2割くらいにとどめておくこと)。もしくは、プラグイン機能などを利用してして、検索エンジンに登録させないようにして対策をとること。

こんなことを考えながらホームページ内でブログを書きあげていけば、強くなる可能性は十分にあります。

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています