スターバックスに時計が無い理由は体験を売っているから

シンプル に大切なことを 分りやすく 伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

今日は午前中から大野城で打ち合わせ~~!

っと思っていたら、お客さまから、「本当に申し訳ないです!打ち合わせの時間を予定より1時間遅らせてください!」との申しで。

ぜ~んぜん僕としては、ノープロブレムなので、「承知しました~」っと返答をし、「よっしゃーー好きなことをして過ごせる♪」なんて思いながら、スキップをしてスタバで時間をつぶしてきました^^

スタバでは、コーヒーと一緒に、僕の好きな本を読んで過ごしていたのですが、ある時ふと「何時だろうな~」と思って周りを見渡しても、まーったくどこにも時計がない!

そうなんです。スタバには時計を置いていないんですよね~。(置いているお店もあるようですが)

なぜスタバには時計が無いのか?

どうやら調べていると、「時間に追われる生活をちょっと離れ、心の余裕を取り戻してもらいたい」というスタバの願いが込められているよです。

スタバのコンセプトはもともとは、オシャレな雰囲気のお店、フレンドリーな店員さん、美味しいコーヒーなど、どちらかと言うと商品をメインに出すのではなく、その空間演出をメインにしているので、そこから先程の「時間に追われない・・・」という発想が出てくるのでしょうね。

僕らも同じように商品ではなく体験を売る感覚が大切

確かに考えてみると、僕らはスタバに、コーヒーだけを飲みに行くのではなく、スタバのあの空間で心を落ち着かせたい、本を読みたい、集中して仕事をしたい、人と一緒に話しながら良い時間をすごしたい。そんな気持ちで行ってますよね~

それと一緒で、僕らのお客さまも、僕らが提供している商品やサービスを求めているのではなく、その商品やサービスを通して体験したいことがあるはずなんですよね。だから僕らは、お客さまがその体験を見いだせるように、商品やサービスだけからの視点ではなく、体験からの視点を取り入れ、今回のスタバの「時計」のような感覚が必要になってくるんじゃないかな。

僕もこの感覚をもっと意識していきたい

僕も常に、お客さまのWEBサイトを作る時は、商品やサービスのことだけではなくって、そのお店、その人(お客さま)がどんな体験を与えてあげることができるのか?を考えながら制作してますが、まだまだ視点や視座の甘さがあったりで、悔しい思いをするときもあるんですよね。

こいうスタバのような視点は、考えてすぐ身につくものでは無いんですよね。ずーっとその視点をもって、自分たちの商品やサービスを見ていかないと身につかないんですよね。だからもっともっと、その視点や視座をもつことができるように、もっともっと意識してきたいな。

そんなことを改めて思ったスタバタイムでした~♪

良い時間でした~

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする