「変なホテル」で「○○ちゃ~~ん」と叫んだ僕に突きつけられた現実とは・・・

圧倒的にシンプルに大切なことを伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

昨日から1泊で、僕の母も一緒につれて家族でハウステンボス(オランダの町に似せた施設)に行ってきました。

この時期のハウステンボスは、アジサイが沢山咲いていてすんごく綺麗でしたよ♪

ま~えから行ってみたかったんですよね^^

「オーナーが変わったから良くなっているよ~」て良く聞いていたし^^

ほんと楽しかった♪

それとね。

もうひとつ、どうしても、この施設に隣接してあるホテルに行ってみたかったんです^^

そのホテルがこちら・・・

変なホテル

そうホテル名が「変なホテル」なんです(笑)

これを聞くだけでも「それどんなホテルなんだよ!」って興味がわくでしょ^^

このホテルですね、実は人が対応しません。ぜ~~んぶロボットだけで完結できるホテルなんです。

どんな感じかというと、こんな感じでロボットに話かけながらチェックインをして、

チェックインが終わると、部屋まで通されて(ベルマンもロボットがいるみたいですが、今回は利用しませんでした。)

そして部屋の中では、このロボットに話しかけながら、ホテルライフを満喫できるというものなんです。

もちろんチェックアウトもロボットによって処理をしてもらい、そのままホテルを出ることができるホテルなんです^^

っと・・・

こんな紹介で終わらせたかったんですが、やっぱり、ロボットだけではどうにもならないコトがありまして^^;

部屋の中でですね、先ほどお見せしたチューリップ型の人形「チューリーちゃん」。

これが、僕の使い方が悪かったのか、最初まーーたく反応せず、電気を消したりつけたりするコトが出来なかったんです!

っで、

「あ~どうしよう。」なんて思いながら、仕方なくフロントに内線で電話することに・・・

心の中では、「人口知能が搭載された機械が、シリみたいに返答してくれるのかな~」なんて思ってたんですが、

「はい。フロントでございます!」と人の声^^;

あ・・・、そんな感じなのね。なんて思いながら、僕からフロント係の方にたずねてみたんです。

「スイマセン。このチューリップのロボットに声をかけても、全く無反応で、電気もつけることができません;」っと。

するとフロント係の方から「チューリーちゃん電気をつけて!とおっしゃってください」と言われたので、電話が繋がっている状態で、

チューリーちゃん!電気つけて♪っと声に出して話しかけると。

・・・(無反応)( ̄ω ̄;)

もう一度、チューリーちゃん!電気をつけて♪と叫んでも、

・・・(無反応)( ̄ω ̄;)

やっばい、メッチャ恥ずかしいやんこれ!

メッチャ、フロントの人(女性)に聞かれてるやン!

どうにかしてよ!チューリーちゃん!

なんて思っていると、フロントの方から、

「反応が無いようですね。では一度こちらの方で初期化いたしますので少々お待ち下さい!」っと・・・。

そして「これで元に戻りました。もう一度ご確認くださいませ」と。

それからもう一度電話が繋がっている状態で、先ほどの合い言葉を言うと、ちゃんと反応してくれ、事なきを終えたんですが。

(そのときの僕の「チューリーちゃん♪」の状態がこちら・・・

やっぱり、まだまだロボットだけでは、なかなか上手くいかないところもあります^^;

でも、すごく楽しかったし、すごく良い体験にもなりましたよ^^

こうやってロボットが並んだフロントを見たことが無かったし、

あ~これから近い将来、AI技術がもっともっと進歩すると、こんなホテルが増えてくるんだろうな~とも思えました^^

ここに書いてあるみたいに、


もっともっと高品質で超リーズナブルで提供できる様になってくるんだろな~^^て。

そうなったとき、僕ら消費者は、高品質の超リーズナブルなロボットのホテルか、もしくは、「人にしか与えることができない価値」を持ったホテルに、ちょっと高額な料金を支払って利用するかの、どちらかになるのかな~

なんてことも思ってしまったな~^^

これからどんな時代がやってくるんだろう。

なんか考えているだけでワクワクしてしまいます^^

ほんと今回も良い休日でした♪

さ~、しっかりリフレッシュもできたし。明日からまたきら~くにガンバります!

明日からまた大阪へレッツゴー っす♪

ではでは~

施設情報 ——————

ハウステンボス
所在地: 〒859-3292 長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1
面積: 1.52 km²
開園: 1992年3月25日
時間: 本日営業 · 9時00分~22時00分
電話: 0570-064-110

変なホテル
所在地: 〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町6−5
電話: 0570-064-110

—————————-

最後まで読んでいただきありがとうございます^^
もっともっとシンプルに分りやすく伝わるようにガンバります^^

今日も最後まで楽しみましょうね♪

僕(やす)はこんな人(facebook)です。

僕(やす)はこんなモノ(和を感じる)(自然)を撮影するのが好きです。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡でアフィリエイト事業を立ち上げ、その後はWEBサイト/ワードプレス制作をおこなってきました。現在ではSNSやブログを組み合わせながら集客に結びつくよう、お客さまの情報媒体を管理させてもらっています。

各デバイス(スマホ、タブレット)にも対応したホームページが月々1,000円(税別)お使いいただけます。また更新(編集・追加)も画面を見ながら簡単におこなえるので、費用もかからず手軽におこなえます。

月々1,000円で利用できる格安ホームページ制作