食べ物って「その土地の食べ方で食べると美味しい」だってそこに食文化すべてがあるから・・・

昨夜は不思議な体験をしてきました^^
っといってもネパール料理を手づかみで食べただけなんですが^^;

ごめんなさい食べかけだったので、ちょっと絵面が悪いです^^;
最初はこんな感じで綺麗に盛られていたんですけどね^^

ほんと不思議な感覚でした。手づかみで食べ物を食べるのって。
僕ら日本人は小さい頃からお箸やスプーンを使って食べていましたよね。そして、それらを使わずに手づかみで食べていたら「行儀が悪い!」と言われていましたよね。
だから大人になり、もう自分の子供にも「行儀よく食べなさい」と教育している立場である僕らが、手づかみで食べていると、言ってることとやってることが違うじゃないか!(笑)的な感じに、この時はなってしまったんですよね(感覚的にですよ)

でもそれは、ただ日本の食文化がそうなだけであって、これがネパールだと全く違った考え方がされているんですよね。

それは、ネパールの方々は、多くの人がヒンズー教を信仰していて、宗教上の理由から浮上の概念を強く持っていると言われています。よって、他人の使った食器、とくに指や口に触れたものは、ケガれているとし、それを人に進めるのは失礼にあたると伝えられているようです。(すいませんこれも深くネット調べたわけではないので、もしかしたら違っているかもしれません)そんな理由から手で食べる文化が根付いたんでしょうね^^

そう考えるとですよ、やっぱりその土地その土地に相応しい形で、一つの文化進化しているんだな~って思うのと同時に、やっぱり日本の常識がすべてではない!って改めてこんな時に思ってしまいます。

それと、話は若干それますが、ネパール料理を本当に味わうのであれば、手づかみの方が美味しく感じるのかもしれません。だって手で食べるために、ご飯やスープの温度が人肌よりちょっと暖かくなっているくらいだし、米も日本のごはんみたいに”ふっくら”していません。おそらく手で食べた時に一番美味しい状態をネパールの先代の人達は研究してきたんでしょうね。

言ってみれば日本でおなじみの”おにぎり”かな^^;
おにぎりってスプーンを使って食べないですよね。 やっぱり”おにぎり”は手で食べないと美味しくない!手で食べるからあの美味しさがあるんだと思うんです^^

そんな感じで、その土地その土地に適した文化があるし、その土地のモノを体験するんだったら、できるだけその環境に近い状態(手で食べてみたり)に身を置いた方が、その土地の文化や、そのご飯本来の美味しさがわかると思います。

ちょっとネパールに行ってみたくなったな~。
あの場所で、こうやって同じように食べたらもっと美味しいんだろうな~。

そんなことを思った昨日の楽しい夜会でした♪斎藤さんありがとうございました〜♪

The following two tabs change content below.
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています