Wi-Fiが危ない!?今話題になっているセキュリティニュースを解説!

シンプル に大切なことを 分りやすく 伝えたいウェブ(web)デザイナー やす です。

2日前から、話題になっているITニュースがあります。

それは、「Wi-Fi(ワイファイ)セキュリティに脆弱性が見つかった」というものです。

そのニュースがこちら・・・
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20171017_WPA2.html

簡単に言うと、Wi-Fi を今利用すると、通信している情報が第三者から見られたり、改ざんされたりするかもしれませんよ!ということです。

しかしなぜ、こんなことになったんでしょう。

そのことについて、チョットだけ分りやすく解説してみますね^^

そもそも、Wi-Fiって空中をデータが飛んでいる状態なので、機械が何も対策を打ていないと、誰にでもそのデータを読みとることができる状態なんですよね。

言ってみれば、夫婦の会話を子供が横から聞き取れる状態にある感じ^^;

なのでこれまでは、その空中に飛んでいるデータ(夫婦の会話)を、暗号化(多国語)して、通信(会話)していたわけなんです。

さっきの夫婦の話で言えば、子供が分らない様に英語や、スペイン語で話している感じ^^

でもある時、

第三者(子供)が、空中を飛んでいるデータ(夫婦の会話)を、解読(理解)することができるようになりました。

あ~~お父さんとお母さんが話している言葉は英語か~~(* ̄m ̄)

最近英語は、猛勉強しているから、分るんだよね~

遊園地に行きたいって・・・(* ̄m ̄)しめしめ

という具合に^^;

暗号化されたWi-Fiデータが解読されてしまって(解読される危険性がみつかって)、今騒いでいるわけなんです。

因みに、これまで使われていた暗号は、「WPA2」という技術で、スゴク高度な暗号技術でした。言語で言うと、「コイサン諸語」くらい(世界で2番目に難しい言語らしいっす^^;気になるかたはこちらyoutubeへ→

しかしその暗号も随分前から使用された技術であるため、見破られるようになったんでしょうね^^;わかりませんが。

まとめ(対応策)

現在のところの対応策として、各OSソフト会社(アイフォン、アンドロイド、マイクロソフト)が近々アップデート(更新)ツールを出すようなので、それをインストールすると改善されるようです。

今後、各ソフト会社から送られてくる、アップデート通知を気にして見ていてくださいね。

とりあえず今は、どんな環境であってもWi-Fiを使って個人情報など大切な情報は扱わない方が良さそうです。

The following two tabs change content below.
アバター
2007年に地元福岡で事業を立ち上げ、アフィリエイト事業やWEB制作事業を行なってきました。現在ではWEB(ホームページ)制作、ワードプレスやアメブロのカスタマイズを行なっています。2015年よりブログやSNSを利用して、デジタルのことをシンプルに分りやすく話したり、媒体効果が高まる方法など役立ち情報を話したり、また日常のことなどを話しながら、発信を他楽しんでいます。 今後の活動としてWEB、SNS、ブログ全体を見通した運用をお客さまに提案できればと思っています